OXring

病院で慢性的に薬を処方してもらっている方へ。
もらった処方箋とお薬手帳を調剤薬局へ持参し、お決まりの白い紙袋に薬を入れて持ち帰る。OXring(オクスリング)なら処方箋もお薬手帳も必要ありません。OXringがつなぐ新しい服薬体験が、あなたの生活をよりスマートでサスティナブルなものに変貌させます。
OXringカードと繰り返し使えるOXringパッケージにはNFCタグが埋込まれ、OXringサービス(クラウドサービス)と連携することで、患者・病院・調剤薬局をよりスマートにつなぎます。病院は処方箋の替わりに処方薬の情報をOXringサービスに登録。それを確認した調剤薬局が処方薬をOXringパッケージに入れ、OXringパッケージに情報を書き込みます。薬を服用する前にスマホをOXringパッケージへかざせば、薬の情報・残量などが表示されるとともに、OXringサービスの服薬に関する情報が自動更新されます。
患者と病院間でより細かく正確な服薬に関する情報を共有できれば、今後の治療方針の検討にもお役立ていただけます。
OXringはあなたの健康でスマートな生活を応援いたします。
※以上、構想

馬場 良人
馬場 良人
- Yoshito Baba -
 動画で解説

PAPER

  • 株式会社竹尾 特種東海製紙株式会社
  • スリーブ:
      インバーコートM-FS 四六判T目 301kg
  • 内箱:
     箔守-FS 四六判Y目 100kg
    タント N-1 四六判Y目 180kg
  • カード:
      箔守-FS 四六判Y目 70kg

HOIL

  • 村田金箔グループ
  • スリーブ:
     シルキーアイスグリーン/シルキーベージュ/シルキーライム/シルキーシャンパン/シルキースモーク
  • 内箱:
     シルキーアイスグリーン/シルキーベージュ/シルキーライム/シルキーシャンパン
  • カード:
     シルキーライム/シルキースモーク

SPEC

  • 箔版・エンボス版:株式会社和光
  • トムソン設計・加工:株式会社坂井印刷所
  • アクリルレーザーカット:有限会社日伸製作所
  • 箔押しエンボス加工:有限会社東亜工芸社

繰り返し使うことの必然性

病院で処方された薬を入れて持ち帰る袋。
日頃からもう少し何とかならないものかと感じていました。
でもリユースできるだけの通い袋のようなものは作りたくない。
そこで処方薬を取り巻く新しい医療サービスを考えることから始め、パッケージを個別の存在として捉えるのではなく、サービス全体で欠く事のできない重要な存在として考えてみることにしました。
リユースすることが必然と感じられるようにしようということです。

考えたのは次世代の機能性パッケージのひとつのあり方

まず病院、調剤薬局、患者をつなぐ新しい医療サービスとして「OXring」サービスを考えました。
「OXring」は文字通り「おくすり」の情報を3者間で共有するためのクラウドサービスです。
このサービスでパッケージは重要な役割を果たします。
単なる薬を入れるだけのパッケージではありません。

OXringパッケージのスリーブ裏側には、NFCタグが貼られています。
これによってパッケージ自体に個別の情報を持たせることができ、しかも何度でも登録された情報を容易に書き換えることができます。
薬を購入する際に調剤薬局で新しい情報に更新すれば、どんな薬が今何錠入っているのかなども管理することが可能になります。

さらに服用前にスマホをパッケージにかざせば、パッケージに登録された薬の残量を服用後の量に更新し、OXringサービスにも服用日時を自動で登録します。
まさにパッケージがこのサービスの鍵といっても過言ではありません。

機能性が感じられるデザインに

スマホに反応する受信部はこのパッケージのアイデンティティです。
一目で分かる存在感を出すため、2色の箔と浮き出し加工で目立つようにしました。

下の写真はスリーブ加工用の版で、上の2個が浮き出し加工用の凹凸版、下2個の版は2種類の箔押し用の版です。

内箱の紙は箔守とタントを合紙し、箔守の面に箔押し加工を施しました。

セキュリティ性を高めるためのカードキー

OXringサービスにアクセスするためのカードキーは、箔押しした紙(箔守)でNFCタグを挟み、さらに上下から各3mm厚の2枚のアクリルでサンドした高級感のある仕上がりとなっています。
特長ある形状はレーザーカットで制作しました。

新しい時代のスマートでサスティナブルな生活を夢見て。

ARTWORK LIST